インプラント問題の核心


失われた歯を回復するには、歯だけを足せば良いのではありません。

少なくともインプラントは多数の歯が失われた時の適応とは言えません。失われた歯以外の組織も足しますので結局入れ歯です。

逆に、事故などで歯が一本なくなった時などはとても良いと思います。

 

別の角度からの問題もありますがそれは次のようなものです。

 

1、インプラントが駄目になった時は、失われる顎の骨が拡大する。

2、インプラントを導入した医院では機材の維持管理上、インプランティングを多く行わなければならなくなる。本当に合ったケース以外にも。MRIを購入した病院が毎日使わなければならないのと同様に。

 

インプラントはそもそも歯ではありません。そのことをお忘れなく。