顎関節症,あごの痛み,小児,抜かない矯正

現代要締東洋医学で診る花粉症


現代要締東洋医学から見た花粉症はどのようになっているのだろうか?
当医院では院長も中度花粉症の為、3年前より東洋医学的花粉症対策の研究を行い年毎に
効果が上がって来ました。今年はやっと実用的に七割改善を達成可能となりました。
毎年花粉症のシーズンになると歯の具合も悪くなる方が増加して実際困るのです。普通の
歯の治療では治らず、花粉症の部分症状なのですが花粉症の薬を飲んでも変わりません。

他に花粉症の特徴では、天候等の状態変化にもはっきりと影響されてしまうことも治療上
問題となります。

花粉症を軽減させる簡単指尖整態法は無料でお教え出来ます。

テレビ等で"専門家"が言ってる花粉症の解説は常識的に考えて誤った部分があります。

室内に入ってくしゃみが出るのは室内の花粉が多いから、なんてあり得えません。

東洋医学で診断しますと、花粉症は花粉が胃に入らないとそもそも始まりません。



★注意

2015年は現代要締東洋医学的診断がかなり進歩しまして、花粉症その他への対応は

以前のものとは大幅に異なっております。

 


地図

   場所は?

JR 京浜東北線北浦和駅

東口 徒歩 8分

 

お問い合わせ

 

電話 048-824-6947

メール docray@infoseek.jp

お気軽に